So-net無料ブログ作成
検索選択

6月6日の夢(女友達の家) [夢]

 四谷近くの総武線の線路沿いの高級住宅地に女友達の新居ができたという。約束なしに訪ねる。緑豊かな道を近づいていくと、生垣に閉ざされた大きな家がある。見覚えがある。ぼくが昔、この家の女性にストーカーしたか、取材に来たかしたことがあるのだろう。その家の通用口の扉が内部からぴくりと、今にも開きそうに動いた。
 女友達の家はその隣に建つ二階家だ。2階のガラス張りの部屋に女友達が立っていて、ぼくを認めて「おっ」という顔をする。少しうれしそうだ。だが、玄関の前に眼鏡をかけた中年の女性が立っていて、今にも入ろうとしている。彼女の友達なのだろう。ぼくは反射的にそこから戻ろうとするが、思い返して様子をうかがう。
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

伊藤浩子

とても面白い夢ですね。
「大きな家」「二階建ての家」がテーマになっています。
多分、この二つの家は、もともと一つのものだったように思います。
でも、圧縮とか還元とか補償とか、いろんなものを受けて、「二つのもの」というふうに夢の作業がすすんだんじゃないでしょうか?
あくまでも夢見手の自由連想が重要ですが。
by 伊藤浩子 (2009-06-07 12:35) 

一色真理

伊藤浩子さん。いつも専門的なコメントを有り難うございます。「大きな家」は閉ざされていて、全く中が覗けず、対照的に「二階建ての家」は開放的で住人まで見えてしまうのが印象的でした。
by 一色真理 (2009-06-07 16:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。