So-net無料ブログ作成

5月18日の夢(満員バス) [夢]

 女性作家RさんのおつれあいのM氏が何かの検定を受けるというので、ぼくもおつきあいすることにする。朝、彼らの家に検定に出すための答案を書きに行く。書いているうち、ぼくはお腹が減り、一人だけ部屋の外に出て、食事をする。ちゃんとしたダイニング・キッチンがあり、ゆったりとした間取りだ。部屋に戻り、さらに答案を書く。意外に簡単だ。途中、ぼくは何度か部屋の外に出るが、出るたびに新しい部屋が目に入る。立派な書斎や、Mの音楽室、夫婦の寝室・・・。不思議だ。見るたびに、この家は部屋が増えて、拡大していくようだ。なんて大きな家だろう。
 夕方、書き終わった答案を持って、バスで検定会場に行くことにする。バス停のある通りまでは崖道を通る。崖と道の間に穴があいていて、足をすべらせたら落っこちてしまいそうだ。しかも、バス停まではすごい行列だ。どんどん走り下りて、ようやくバス停に着いた。
 向こうからバスがやってきた。やれやれと、乗ろうとすると、運転手から「満員なので、もう乗れません」と宣告される。ええーっ、もうこの後のバスはない。最後の瞬間に、検定通過の途をぼくは断たれてしまった。
nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

作家R

>途中、ぼくは何度か部屋の外に出るが、出るたびに新しい部屋が目に入る。立派な書斎や、Mの音楽室、夫婦の寝室・・・。不思議だ。見るたびに、この家は部屋が増えて、拡大していくようだ。なんて大きな家だろう。

夢に見られた作家Rです。「見るたびに、この家は部屋が増えて、拡大していく」っていうのは、我が家そのものだなあ。いえ、実際の建築物ではなくて、心の中の家の形。奈良に来て、あちこち顔を出して「まんとくん」とか首つっこんで、作詞してCD作ったり、イベントまで企画したり、理系の教授にインタビューしたり、刑務所に通ってみたり、もう増築につぐ増築状態で、家の中で迷子になりそうです。少し、整理したい。けれど、面白いから、広がる一方。

実際の我が家は、そんなに大きな家じゃなくて、マンション。そこでいろいろやるから、散らかっちゃって大変です。片づけたきれいな家に住むのが、夢です。
by 作家R (2009-05-19 12:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。